見える色の範囲が人それぞれ違う!?

おはようございます!店長です(^^)

以前新着紹介ついでに書いた『見える色の範囲』

この記事についてお客様よりお声掛け頂くことが多く

新着紹介に紛れると分かり難いので個別記事にします。

色石を扱っていると、微妙な色をもつ石も多く、
同じものを見ても人によって表現が違うということがあります。

スタッフ間でもイエローグリーン?グリーンイエロー?
などのように良く議論します。

元々個々に判断できる色の差があるみたいですので
これまた難しいいところです。

たとえばコレ、何色にわかれて見えるでしょうか?
※パソコンなどのモニターによって見え方が異なることがあります

こちら参照:http://news.biglobe.ne.jp/trend/0323/blnews_150323_3045745769.html

認識できる色が人によって違うことがわかります!!

ちなみに私は37色に見えました。

スタッフ阿部は何と54色見えるそうです…人間超えてます(笑)

正解は・・・

39色。

20色以下だった方は2色型色覚、人口の4分の1しめるようです。

20~32色が一般的で3色型色覚の持ち主、約100万の色が見えるようです。

33~39色見えた人は4色型色覚、1億以上の色が見えるみたいです。

人種によっても違うらしく日本人は比較的認識できるらしい、

しかも女性のほうが良いみたい。

色石好きな方は4色型多いのかもしれません。

ひとまず私もそれなりに色が認識できてて一安心♪

仕事柄必要ですね。

神の眼をもつスタッフ阿部(笑)

今後の活躍に期待です。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。