希少性高まり過ぎているブラックオパール

おはようございます。店長です(^^)

 

オパール鉱山会社時代から15年近くブラックを扱ってきて

先日の商談でも本当に魅力あるブラックオパールが少なく、

これでこの値段??なんてモノが多く正直買付る気が起きません。

それじゃお商売にならんので困るのですが、特に赤斑は異常ですね(驚)

 

要因として、第1に産出がない

ブラックオパールの産出は世界中でほぼライトニングリッジのみ

ローグレードは未だ多くありますがジェムクラスになると選べないほど品薄

 

第2に他国での需要拡大

特に中国で今まではグリーンのとにかく大粒中心だったものが、

実は赤が希少と認知されて人気が集中。品質重視の傾向

 

それと、エチオピアオパールの大量流通が、オパールの魅力を広めること

に貢献、オパールマーケットを大きくしたものの、最も希少なブラック人気

に火をつけたことも現在の状況の要因のひとつとなっております。

 

まぁ需要拡大も産出してれば市場も大きくなり良いことなのですが、

いかんせ産出が少ないことには価格高騰しか招きません。

今後も大幅な産出増に期待が持てない以上、相場上昇は避けられない

と思われます。

 

3月香港ショーではオーストラリアの古くからのオパール業者が日本の

中古ジュエリー業者からオパールジュエリーを仕入れしていたとの情報も

聞いており、ついにここまで来たかと言う感じです(・_・;)

ビックサイズのサファイアなどは数年前からこのパターンありましたが…

 

当店でも一時に比べブラックオパールのご紹介機会も少なくなっておりますが、

掲載中のアイテム評価は上がってて、今の相場に比べると正直かなり安くなって

ます。

価格上げたいのモノも沢山…実際上げる予定ないのでご安心下さい(笑)

 

先日専門誌に掲載したこちらもこの機会に再度バナー作りTOPに

1Top_blackoapl

こんな感じで産地別図鑑に掲載。

CCF20150521
※本をスキャンした為色がうすくなってます

 

正直このクラス所有しているところも少なく

ジュエリーで有名店に並ぶと軽く4桁万越えと言っても

過言ではありません。

 

工業製品と違い生産できないモノなので仕入に苦労しますが、

今週も商談予定が入っているので良い出会いを期待します(^^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。