宝石とは関係ない思いこみの話

こんにちは!店長です(^^)/

 

この土日はお休みを頂き大学時代の友人とこんなところでBBQ
IMG_2679

神奈川県足柄にある夕日の滝

いやいや!滝行してるの私じゃないですよ(笑)

 

近くのバンガロー1棟借りて1泊、親友たちとの語らい

マイナスイオンに癒され夏の疲れを充電してきました♪

 

しかし年々会話の内容に健康話が多くなってきて

虫歯がとか

人間ドックが

胃カメラが

ピロリ菌が

とか…^_^;

 

特に40をこえ思い込みが激しくなってるって部分は皆賛同

何でしょ!経験が増え、確認など怠るようになるのでしょうか?

 

私も…

予約の日にちを間違えるとか、

アポの時間が違うとかたまにあるし、

プライベートならまだしも仕事の面はホント困ります

 

2015年上半期最大は6月下旬香港ショー出張の話

今回6月香港ショーは第1回ミネラルショーも並行開催される

とのことでスケジュールを合わせ5年振りに香港へ

 

この5年の間に羽田発のフライトもできたので

今回は羽田1:45発のキャセイCX5397 をネット予約

もちろんホテルもネット予約

 

久しぶりなのであそこでこれ食べようとか

色々準備して出発当日

 

朝一会社に出勤、1時半位までは電話つながるけど

それ以降は5時位までつながらないからとスタッフ

に伝え、羽田国際線は初めてということで

12時には空港に到着できるように会社出発。

 

11:45分予定より少し早く羽田空港国際線ターミナル着、
チェックインカウンターの場所を確認しようと
フライト案内モニターを見ると

 

あれ?

予約のフライトがない???

 

何度も見直す私。

 

が、何度見てもないものはない???

 

念の為違う案内モニターもチェック、

 

でも、やはりここにもない???

 

仕方ないのでキャセイのカウンター見つけ直接向かう私

 

キャセイのカウンターに到着、

が、誰ひとりいない…???

 

その時点で全く状況つかめず。

 

私『人数少なく他社便振替になったのかな…』

 

でも、その情報もどこにもない

 

一応隣の他社カウンターに聞いてみよう

 

他社スタッフ『ちょっとわかりかねますのでキャセイさんに直接聞いていください。』

 

ごもっともな話。

 

しかしキャセイのスタッフが見当たらないので

 

ひとまずキャセイのHPで運行状況をチェック

 

6月26日出発   CX5397 』検索

 

6月26日 Cathay Pacific   CX5397  到着済

 

ん????

 

今日到着済???

 

????????

 

1:45出発(いちじよんじゅうごふん)

 

13:45ではなく1:45

 

え~~羽田で夜中発の便!

そこで初めて12時間乗り遅れていることに気付く(汗)

 

もうここまで乗り遅れてしまうと人間笑っちゃうんですね。

空港でしばらく1人ニヤニヤ立ち尽くす

 

羽田=都心近い=騒音問題=夜中の便はない

 

完全な私の思い込み、

旅行時刻の常識24時間表記をも超越してしまうとは

 

何度もパスポートと日付&出発時刻は確認したのに

羽田に夜中便はないという勝手な思い込み

なっから恥ずかしい…(群馬弁)

 

別の便にしようと思ったのですが当日だと高すぎて、

日にちづらすことも検討しましたが、

これは香港へは行くなとのお告げと判断

キャンセルすることにしました。

 

ひとまず、初の羽田空港国際の思い出に

私の海外出張出発の儀式・寿司を食べる。

どんな状況でも寿司はウマイ(^^)v

 

で、この後どうするか

 

1、このままどこか国内旅行に行く

2、自宅に帰り香港行っていることにして帰国予定まで会社いかない

3、素直に会社に戻る

 

いくつかの選択肢が思いついたが

結局、素直に会社に戻った。

 

会社戻りいや~と笑いながら入る私をみて

キョトンとするスタッフ。

15時、機上で連絡不通のはずの私が会社に戻った時の

スタッフの驚きは想像しやすいかと思います。

 

スタッフにしてみれば2015年上半期最大のドッキリ!!

 

日頃、間違いのないよう何度も確認しろと厳しく言っている私

この日を境に少し優しくなったことは言うまでもなく、

こうして人間成長していくものなんですね(笑)

 

皆様も羽田空港から夜中の便飛んでますのでご注意ください。

 

という思い込み注意というお話でした。

 

あれから1ヶ月半手帳に記されている香港出張の文字

見るたび自分を戒めております(笑)

 

では良い1週間、夏休みを。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。